質の高い記事ってどんな記事なの?

この記事は 216秒で読めます。

記事を書いていると検索順位は気になりますよね?SEO的には質の高い記事やコンテンツが必要と知ったけど
どんな記事が質の高い記事になるのか?その意味や答えが分からないという人も多いと思います
そんな人のために質の高い記事の意味とその簡単な書き方のコツをお伝えします





どうも かずま です

質の高い記事、質の高い記事が必要です!
でもその質の高い記事に対してじゃあどんな記事が質が高いのよっ!?

とこれまた調べて見ても良く分からなかったりしますよねw


今日もそんなあなたの疑問に答えましょう


一言で言えば質の高い記事とは専門性が高い、もしくはユーザーに求められているコンテンツ




はい、解決ズバッと~♪

って何のフレーズだっけ?これ・・・・


まぁ結論から言うとこういう事です。
でも質の高い記事に正解はありません


何故か?


googleが馬鹿だからです ´・ω・`※わりかし真面目にw

だいたいなアメ公に日本語検索作らせてんのが全ての間違いの元なんだよ!w
Can You speak Japanese?!
Can You speak Japanese?!

と本音をゲロった所でちゃんと説明していきましょうw^^;


打ち込まれたキーワードによって質の高い記事の意味や正解が違う



まずはこれですね


例えばあなたが1+1は的な答えのハッキリしている物や
専門的な情報を必要とされているキーワードなどでしたら
より情報が正しく、専門的な情報サイト

つまりウィキペディアの様なサイトが出てくるでしょう


でもキーワードによっては同じキーワードでも
人によって求めている情報、コンテンツが違う場合があります


検索キーワードを入れる人間側にもよるのですが


例えば AKB48 人気 1位

と入れても人が知りたい、読みたいコンテンツはバラバラになるでしょう

AKB48のメンバーで一番人気がある子が知りたいのか?

AKB48が数あるアイドルグループの中でも1位の理由が知りたいのか?

それともAKB48でも1番人気のあるグループが知りたいのか?


という事です。


まぁこれは例え的なお話で、この場合普通は前者でしょうがこういう所に
ファッキンアメ公のロジックが用いられている訳です


その場合、より多くの人が読んでいるコンテンツが上位表示される事になります


まぁ早い話、正解なんて無いという事ですねw
検索意図のぼやける物に関しては多数決思想だったり
より読者を抱えているブログやサイトが上位表示されやすい傾向があります


質の高い記事を書くための基本




とは言ってもそうも言っていられないのが現状です
9割以上がgoogleの検索アルゴリズムの日本では
もし質の高い記事を書いて検索順位で少しでも優位に立ちたいと思うのでしたら
ルールに沿って書いて行かないとなりませんよね


質の高い記事を書くための方法、考え方をお伝えしていきます


記事にピッタリあった適切なキーワードを付ける事


記事にキーワードというのは書き手と読み手をつなぐまさにキーワードの様な物です
ですから上の例を見て分かる様に
大事なキーワードを左の方に寄せなさいというのは
こういう日本人にしては歯がゆいgoogleの検索アルゴリズムが関係しています


また意味不明なタイトルを付けてしまうと記事の内容を正確に
評価される機会が無くなってしまったりします



例えばスパイシーで美味しいカレーライスに対する記事を書いていたとして


『これこそ俺の求めていたマイルドでインディア』


などという訳の分からないタイトルにしてしまうと
googleに記事の質を正しく判断させる事が難しくなるということです


読まれる文章読みやすい文章を心がける



まぁつまりライティングという訳です

ライティングに関してはこのブログでも数回程扱っていますので
参考にしてみてください


また、僕のメールマガジン登録についてくるマニュアルの方でも解説しています


参考記事 : ブログに書く記事の書き方を覚えよう



また単純に読みやすさとは視覚的効果などやテンポも関係してきます


例えば、長い文章は見た目的にも読みづらく、また書いている最中に該当する文章自体に意味が四散して、熟読している読者の思考の中で整理がつかず全体を通して読破した後に著者の意図する伝達事項や比喩的表現なども相まって全く読者に理解されず双方に取って不利益になる事が多い事から文章における適切な文字数や段落、改行などを施行しない記述方法は読者の利便性やその記事自体のアイデンティティなど全くもって不利益になる事が現象として顕在化するので記事を書く際は神経を極力注ぎ執筆した方が賢明という物だろう。


どうですか?読みやすいですか?(笑)


非常に読みづらいですよねw

小学校4年生でも読める記事を目指しましょう


難しい言葉や訳の分からない横文字とかは極力使わない方がいいですね^^;



記事は面白いのが1番


最低限打ち込まれたキーワードに対して必要な答えを返してあげる
というのも大事な事なのですが


価値あるコンテンツを提供する


というのがgoogleの昔から変わらない理念ですし
これが検索エンジンが存在する唯一無二の理由です


検索窓にそのキーワードを打ち込んだ人に対して
有益なコンテンツを作れば後は自然と質の高い記事として認められます


本当は他にもSEO絡みの事など色々あるのですが
昨日今日ブログや記事を作り始めました・・・という人には
なかなか難しいでしょう


ですが一つの正解として

人に求められるコンテンツというのがある訳で



そうであるならより人に価値を感じてもらえる
読んでいて面白いと思った


というのも大切な要素のうちの一つです


読んでいる人にとってより面白く出来ないか考えて改善してみるといいですね^^



では 今日はこの辺で 



コメントは受け付けていません。

手紙を受け取る

サブコンテンツ

自己紹介

月収100万円
を越えました。

これからも頑張ります。

かずま かずま

君、我が社に来ないか?

そんな社長自らのスカウトで
一時は会社のエリートになるも
「こんな会社辞めます」
の一言であっさり会社を捨て
ネットビジネス一本で生きる

異端の元社会不適合者


あらゆる常識も全部無視
だって僕もあなたも
人生一度キリじゃない^^b

僕の詳しいプロフィールと経歴は
こちらを見てね


初心者でも今日から始められる
アフィリエイト無料
メルマガ講座は⇒こちらから

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2ティアさん募集中

詳細はこちらからどうぞ
共に歩み、共に進化する! かずまの2ティアさん募集中^^ 感謝を形に数々のプレゼントを 進呈させてもらってます。
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトはイメージ

イメージングアフィリエイト

最強の思考方法とは何か?
アフィリエイトでは思考停止が最もNGな訳とは?

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば
イメージせよ
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトをやっていて良かったシリーズ

憎いあいつに仕返し?
アフィリエイトをやっていて良かったシリーズpart1
憎いあいつに仕返し?(笑)
⇒詳細はこちらから

パンダの引越し屋
アフィリエイトをやっていて良かったシリーズpart2
辞めて良かったブラック企業
⇒詳細はこちらから

WORDPRESSを設置しよう

wordpressを設置しよう
アフィリエイトをやるなら断然独自ドメインの個人サイト!
あなたもさっそくWORDPRESSを設置してみましょう
⇒詳細はこちらから

あなたにオススメの記事

社会や会社という終わりの無い世界の恐怖
社会の恐怖

人間は弱い生き物です
何かに依存していないと生きられません

⇒詳細はこちらから


待った無しサラリーマンを続ける10の危険性
サラリーマン危険

終身雇用時代は終わったと言えます。
自分で稼ぐ力をつけないと乗り越えられない 時代になりました

⇒詳細はこちらから

僕は働きません!キリッ
アフィリエイト成功して自由になろう

アフィリエイトで稼いで自由になると どうなるのか?企業に雇われていては絶対に 出来ない成功があります

⇒詳細はこちらから

カズマズヒストリー
社会人失格の負け組男が人生を逆転させた物語
社会から脱落し生きる意味を見失った男が 絶望という名の運命を自ら破った物語
⇒詳細はこちらから

アーカイブ

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

タグ

ツールの使い方を勘違いしていない?

コメント周りツール

便利なコメント周りツール使うだけで危険度MAX
あなたのそのコメント

逆効果かも知れませんよ?

⇒詳細はこちらから

5%だ・・・君はこの数字をどう見る?

アフィリエイト行動

95%の人は月に5000円も稼げていないという事実
あなたは果たして5%に入れるの?入れないのか?
5%に入るために必要な事とは何か?
⇒詳細はこちらから

【閲覧注意】精神攻撃が飛んでくるので読まないでください

【閲覧注意】 僕がサポートしていた読者からの残念な手紙 楽しい気分の人は読まないでください
ドMな人だけどうぞ
⇒詳細はこちらから

【閲覧注意】見てはいけないスタッフルーム

【閲覧注意】 ここは見てはいけないスタッフのお部屋です 特に心臓の弱い方や持病のある人は 見ないようにお願いします
⇒詳細はこちらから

このページの先頭へ