情報商材アフィリエイトで稼ぐ為に必要な入り口と出口

この記事は 215秒で読めます。

情報商材アフィリエイトで稼ぐ 情報商材アフィリエイトで稼ぐ為には商品が購入されるまでに必要なステップがあります
各ポイントを理解しておかないと全く売れなくなってしまいます。あなたは大丈夫ですか?






こんにちは かずま です


何でもそうですがセンスのいい人は何を
やらせても上手だったりします


そういう人の特徴というのは
イメージする事が上手い人です


そしてそのイメージを具現化する事が
うまい人です
まぁこれは密接に関わっているので
そうなるのですが


情報商材のアフィリエイトではこのイメージする事の
うまさは成功出来るかどうかに関わってくる物なので
無視出来なかったりします


情報商材アフィリエイトでは特にイメージが大事な理由



以前イメージや想像の話を記事にしました
それがこちらの記事です


ネットで稼ぐ秘訣、想像力は創造力


このイメージって単に大事ですよと言っても
結構ピンと来ない人って結構多いです


アフィリエイトでこのイメージというのはとても
大切です


例えば


稼げるサイトのイメージ


読者が記事を熱心に読んでいるだろうイメージ


読者が悩んでいる姿のイメージ


あげればまだまだきりが無いですが
こういうイメージからそれぞれの答えが出てきます
説明するのが難しいですが
実際にあなたはこれらをイメージする事が
出来るでしょうか?


トライ&エラーのトライにあたる物が生み出されます
イメージが無いとトライが生まれません


稼げるサイトのイメージが無いと
自分がサイトを作ろうにもどういうサイトを
作ればいいのか分からないですよね?


それと一緒の事です


イメージが先にあってそれぞれ創りだされて行く訳です


これは形に見える物では無い頭の中にある物なので
このイメージというのは軽視されがちなんですが
このイメージというのが鮮明であればあるほど
実際に具現化しますので大事なんです


記事の一つにとってもそうなんですが
その記事は誰に向けて書いているのか?という事が
イメージ出来ていなかったりします


ネットビジネスのネの字も知らない超初心者なのか?
アフィリエイトをやり始めたばかりの初心者なのか?


こういう事一つとっても記事で使うべき言葉や
説明も違って来ますよね?


イメージが上手く出来ていると一つ一つの作業が
変わってきますよ


情報商材で稼ぐサイトのイメージは入口と出口を意識する事



情報商材のアフィリエイトというのは基本的に
入り口と出口を意識しないとなりません


入り口は複数である事が多いですが
出口は基本的に一つです


入り口というのはそれぞれの記事ですね
何かの悩みに対する記事や自分がターゲットとする読者への
記事です


出口というのは商品リンクであったり
メルマガ読者の登録ページです


この入り口から出口に対するイメージを
しっかり捉えてサイトを構築していかないと
なりません


どういう記事を入口としてどういう風に最後の
商品リンクという出口に導くかという事ですね



その為に何が必要なのかを逆算するといいでしょう



これが一つの単位で商品が増えればその分入り口も
出口も増える事になります
ですがそのサイトでの大きな出口というのは
一つに集約するべきです
情報商材アフィリエイトの場合は当然
『稼ぐ』という事に特化している訳です


この入口から出口までの一連の流れが上手く出来ていないと
当然商品リンクは踏まれません



商品が購入される為の動機や理由を意識する




この入口から出口までの流れというのは人がリアルで
商品を買う時と一緒です


営業マンがお客さんに挨拶して商品の説明や営業をして
最終的に契約書にハンコをもらう流れと一緒です
そしてその営業マンはあなたな訳です

よく言われる


集客・教育・販売


までの流れが詰まっている訳ですよね
それを考えれば読者に見せる記事の順番というのが
分かってきますよね


あなたがリアルでいきなり商品を買う事は無いと
思います
入り口の記事にたどり着いた読者はどんな事を
悩んでいるのでしょう?
ここでイメージが問われる訳です


そしてあなたが営業マンだとしたら最後の出口に
導いてあげるのに読者に知ってもらいたい事が
あると思います


それは商品のベネフィットであったり
営業であったりいろいろある訳です


さらっと書いていますが結構大事な事を書いて
ますからね(笑)


最後に出口から出てもらう為にはそれまでの信用が大事になる



情報商材をアフィリエイトする上で大事になってくるのが
その商品を買う動機です


何故、読者はその商品を買うのか?という動機をはっきりさせて
おかないとなりません


よく感情で物を売れという言葉を耳にすると
思いますがこれは何もリアルの営業マンみたいに
必死に土下座してでもお客さんに買ってもらおうという
涙ぐましい営業では無いですよ


読者というのは自分の悩みに気づいていなかったりします
その悩みをまずは浮き彫りにしてあげましょう


その悩みを浮き彫りにしたら今度は
その商品を手にする事で訪れる未来、つまりベネフィットを
しっかりと見せてあげるんです


逆にその商品を手にしなかったらこんな風になりますよ?
という未来も想像させてあげないとなりません


そうすることで読者はその商品が欲しくて
たまらなくなりますからね


ここらへんはコピーライティングの分野なので
コピーライティングの記事も合わせて読むと
いいでしょう

コピーライティングを学ぶ


ここまでの記事で何かしらのイメージは
湧いたと思います
後はあなたの頭の中のイメージを形にして
トライ&エラーあるのみです^^


是非、あなたのアフィリエイト活動に役立ててください


では 今日はこの辺で かずま でした


コメントは受け付けていません。

手紙を受け取る

サブコンテンツ

自己紹介

月収100万円
を越えました。

これからも頑張ります。

かずま かずま

君、我が社に来ないか?

そんな社長自らのスカウトで
一時は会社のエリートになるも
「こんな会社辞めます」
の一言であっさり会社を捨て
ネットビジネス一本で生きる

異端の元社会不適合者


あらゆる常識も全部無視
だって僕もあなたも
人生一度キリじゃない^^b

僕の詳しいプロフィールと経歴は
こちらを見てね


初心者でも今日から始められる
アフィリエイト無料
メルマガ講座は⇒こちらから

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2ティアさん募集中

詳細はこちらからどうぞ
共に歩み、共に進化する! かずまの2ティアさん募集中^^ 感謝を形に数々のプレゼントを 進呈させてもらってます。
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトはイメージ

イメージングアフィリエイト

最強の思考方法とは何か?
アフィリエイトでは思考停止が最もNGな訳とは?

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば
イメージせよ
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトをやっていて良かったシリーズ

憎いあいつに仕返し?
アフィリエイトをやっていて良かったシリーズpart1
憎いあいつに仕返し?(笑)
⇒詳細はこちらから

パンダの引越し屋
アフィリエイトをやっていて良かったシリーズpart2
辞めて良かったブラック企業
⇒詳細はこちらから

WORDPRESSを設置しよう

wordpressを設置しよう
アフィリエイトをやるなら断然独自ドメインの個人サイト!
あなたもさっそくWORDPRESSを設置してみましょう
⇒詳細はこちらから

あなたにオススメの記事

社会や会社という終わりの無い世界の恐怖
社会の恐怖

人間は弱い生き物です
何かに依存していないと生きられません

⇒詳細はこちらから


待った無しサラリーマンを続ける10の危険性
サラリーマン危険

終身雇用時代は終わったと言えます。
自分で稼ぐ力をつけないと乗り越えられない 時代になりました

⇒詳細はこちらから

僕は働きません!キリッ
アフィリエイト成功して自由になろう

アフィリエイトで稼いで自由になると どうなるのか?企業に雇われていては絶対に 出来ない成功があります

⇒詳細はこちらから

カズマズヒストリー
社会人失格の負け組男が人生を逆転させた物語
社会から脱落し生きる意味を見失った男が 絶望という名の運命を自ら破った物語
⇒詳細はこちらから

アーカイブ

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

タグ

ツールの使い方を勘違いしていない?

コメント周りツール

便利なコメント周りツール使うだけで危険度MAX
あなたのそのコメント

逆効果かも知れませんよ?

⇒詳細はこちらから

5%だ・・・君はこの数字をどう見る?

アフィリエイト行動

95%の人は月に5000円も稼げていないという事実
あなたは果たして5%に入れるの?入れないのか?
5%に入るために必要な事とは何か?
⇒詳細はこちらから

【閲覧注意】精神攻撃が飛んでくるので読まないでください

【閲覧注意】 僕がサポートしていた読者からの残念な手紙 楽しい気分の人は読まないでください
ドMな人だけどうぞ
⇒詳細はこちらから

【閲覧注意】見てはいけないスタッフルーム

【閲覧注意】 ここは見てはいけないスタッフのお部屋です 特に心臓の弱い方や持病のある人は 見ないようにお願いします
⇒詳細はこちらから

このページの先頭へ