SEOを無視し過ぎて来たカテゴライズに悩み始める

この記事は 43秒で読めます。

SEOを無視し過ぎて来たカテゴライズに悩み始める 集客をしたいという事は誰でも思っている事ですよね
SEO対策が大事と言われていますが本当のSEOはそこまで難しい物では
ありません
今回の記事は集客やSEOを考える人に分かりやすいでしょう



こんにちは かずま です


僕のイメージ力も相当甘かったみたいです^^;

普段偉そうにこんな事を言っているのですが

参考記事⇒アフィリエイトで成功する為に必要な思考法とは?

当初このブログの設計図というのが
頭にあって順調に進んでいましたが
ここに来て再度、全体図を考えなおす必要が
出てきました


ユーザービリティばっかり考えているつもりが
作ってみると迷路になっている^^;(笑)


まぁこのブログは当初の目的通り
会員さんが遊びに来てくれればいいや
程度に考えていたのでそれでもいいんですが
記事も200記事位に増えてくると欲も
出てくるという物です


知らなきゃ損する大前提のSEOの考え方とは?



あなたはアクセスが無いと悩んでいたりしませんか?
ネットで稼ぐアフィリエイト副業の成功
アクセスを呼ぶにはちゃんとしたロジックがあります

僕は生徒さんにはSEOなんて小難しい事を
最初から学ぶ必要も無いし
大事なコンテンツの事だけ考えていればいいと
よく言っているのですが


最近ふと気になって色々調べてみると
どうもgoogleの検索エンジンにおかしな評価をされている

別に悪いという訳ではないのですが
どちらかというとこちらの意図している形とは
違った評価がされているのです


あるキーワードでは超優遇されていて

あるキーワードでは棒にも箸にもひっかからない^^;


まぁドメインには当たりはずれというのが少なからず
あるのでたかが200記事程度では
まだ何とも言えませんが
感触としてははずれかな(笑)という感じですね
後300記事程度は突っ込まないと
一応の満足がいく結果は出なさそうですね^^;


普段からSEOを無視しすぎている事も影響しているかな
といった感想を持ちました(笑)

そこで最低限必要なSEOというのが何なのか
あなたが失敗しないように記事にしてみようと
思った次第です


サイトの設計図を最初から入念に計画して取り掛かる



まぁ正直100記事と聞いて気遅れしているとしたら
まだまだですよ
ネットで稼ぐ為には自分の資産を構築するという思考です
資産を構築するのにまさか20記事程度でいいや
なんて思ってないですよね?(笑)

あげくなるべくコピペ、リライトで・・・なんて思ってたら
ダメですよ(笑)

ネットで稼ぐ人生を逆転させるアフィリエイト成功への道
逆に言えば100記事なんて当たり前でしょ?と
思って実際に実践出来るのなら
あなたは間違いなくアフィリエイトで稼ぐ事が出来ますから
諦めないでくださいね^^


と話がそれそうなので戻しますが

このブログはパワーブログの設計にしてあります

ミドルレンジではなくロングレンジですね


欲張りな僕が当初
あれもしよう
これもしよう
と色々アイディアと全体の概要を頭に描きだしました


ですが途中まで来て上で書いた様に
どうもgoogleさんから思わぬ方向で評価されている・・・

あまり芳しくない方向なので
原因を考えてみた次第です


問題の一つとしてカテゴライズにあるなぁと
感じたんですよね


まぁこのブログはおそらく500記事位は行くんじゃないかなと
感じていますし
それ以降もポチポチ、アフィリエイトに関連した
時事ネタを更新していく予定です


で、ごっちゃになりすぎたおかげで
カテゴリーが増えすぎた・・・

まぁ普段からこういう事を言っているので
別にどうって事は無いのですが


アフィリエイトで成功する為のブラッシュアップ戦略


それにしても面倒臭い・・・泣

作業の効率として考えたらどうなの?
と感じて失敗したなぁというのが率直な感想です^^;


こうならない為にもやっぱりサイトを構成する為には
事前にどれくらいの規模になりそうなのか?
何が一番大事なのか?
どのキーワードを大事に考えて上位表示を狙って行くのか?
という事をトータルで考えて組み立てて行く必要があります


後々後悔しないためのサイト設計の仕方


あなたも当然アフィリエイトで稼いで行きたいという
気持ちはあるのでしょうから

もしかしたらすでに実践されているかも知れませんし
これからなのかも知れませんね


そのために逆算の考え方をしないとなりません


最終的に出来上がったサイトをまず考えるのです


全部ピラミッドです

ネットで稼ぐアフィリエイト成功への道
上から大事な物がどんどん
下に行くたびに肉付けされていくイメージですね


そこへ行くと僕のサイトはあまりにもカテゴリーや
アフィリエイトの情報を詰め込み過ぎようと
欲張りすぎた感がありますね^^;


まずどういうサイトなのか?

というのを決めますよね
そこにはあなたの目的があるはずです


こういう読者さんにこういう情報を提供して
こういう風にリピーターになってもらい
こういう風に収益化する

という設計図です

そこにそのサイトの価値の提供するスタイルが
ありますし
コンテンツの方向性が定まります
そのサイトの存在意義というか
目的意図があります


そこからどんな構成にするのか?

という事を細分化して考えていきます

これはやっぱり紙に事前に書き出して
やるべきですし
プロの業者は当然やっている作業ですからね^^;


僕はそれを頭の中だけですまして見切り発車してしまった訳です(笑)

これからのアフィリエイトはもう
適当に作って当たったなんていう事は起こりづらくなりますから
情報商材のアフィリエイトを実践するなら
必ず実行した方がいいでしょう


作っていったはいいけど
ゴチャゴチャになってユーザビリティも
サイトのコンセプトも分かりづらいなんていう
結果になってしまうかも知れません


大前提と知っておかないとならないSEOの考え方



SEOで何が大事かと言う事をあなたは知っていますか?

内部SEOだったり外部SEOだったりとか
ホワイトだ!ブラックだとか
キーワードの含有率だ!とか
巷では色々言われていますよね


SEOの根本的な考え方はリンクです


なんだ被リンクの事かぁ・・・

で終わる話ではないですよ?

物凄い大事な事を言いますからよく覚えておいてくださいね^^


よく言われるホワイトSEOだとかブラックSEOというのも
全部リンクの状態を指しています

そして被リンクが自然につくといいというような事も
聞いた事がありますよね?


要は外部から自然にリンクがもらえる様な記事は
あるキーワードに対して重要な情報が載っているだろうという
考え方です

ですからそのキーワードで検索された時に多くの
被リンクがもらえているそのページやサイトは
上位表示される訳です


これはこれでいったん置いときまして

僕が今回悩んだ事というのは

カテゴリーを増やし過ぎたという事です
もちろん全部アフィリエイトに関連した事なんで
悪い事ではないんですけど


例えばの話
カテゴリーも一つのリンクなのです

アフィリエイト⇒トレンド
        物販
        情報商材

なんていう構造をしていたとしますよね

それはアフィリエイトに対して3つのリンクがついている事と
同じ事を指しています


内部リンクでですね

一つ一つの記事の内容にもよりますし
その記事の精読率、滞在時間などもその記事の評価や
パワーとして数字を持って評価されます

ですから
仮に同じアフィリエイトという記事でも
どれくらいの文字数の詰まった記事でどれくらいの精読率と滞在時間を
稼いでいるのかでそれぞれの記事の評価は変わってきます

もしあなたと違うBさんという人がいて
アフィリエイトというカテゴリーで
同じく上の様に3つの記事を用意していたとしますよね?


ですが検索順位には当然ばらつきが出る訳です

それは同じ3記事でもそれぞれ持っている記事のパワーなどに
よって評価が分かれるからです


ここまでは大丈夫ですか?


では記事数の問題です

googleの内部での評価というのは僕等には分からない事です
ですがいくら高い評価があっても
記事数によってもちろんパワーが変わってきます

おおよその概念というかイメージでとらえてください


アフィリエイトというカテゴリーがあって
アフィリエイトというキーワードが打たれた時

基本的な考え方として
10ページしかないサイトと
100ページあるサイトでは
100ページあるサイトの方がより詳しいサイトだろうという
事で評価は上がりやすい訳です


まぁ当たり前の話ですよね?


ですが被リンクというのはそれを覆すパワーが
あったりします

そして被リンクには匹敵しませんが
それに近い考え方が内部リンクにも
適用されます

アフィリエイトというカテゴリーがあって
そのアフィリエイトというカテゴリーで
内部に10記事あるのか?
100記事あるのか?
1000記事あるのか?
という話です

当然多い方が有利に働くという訳です


そこで最初の問題に戻るのですが

僕が悩んだというのは


カテゴリーを増やし過ぎた



という事です^^;


200記事あったとしてもこれだけカテゴリーを
多く持つとそれぞれのカテゴリーに対して
送られているパワーが5記事程度とか^^;
そんなレベルになってしまう訳です


つまり自分が望む様な結果が欲しいのなら
この何倍記事を投下すればいいんだ?
というような話です^^;


カテゴリーを減らすのか記事を増やすのか?



今回考えている方向性はおそらくカテゴリーの再構築ですね

このまま記事をどんどん投下していってもいいのですが
やっぱり1日1記事というペースを守るのが
本来の理想です

むやみやたらにペースは乱さない方がいいです

インデックスの問題です


ですからおそらくカテゴリーの再構築に踏み切る予定ですが

そんな事していいの?
と思う方もいるかも知れませんが
これは別にどうって事ないです


ただ正当な評価になるまでには
ある程度の時間がかかる事を覚悟しておかないと
なりません

うまくアクセスを集められているなら別にいじる
必要ないですし
アクセスがまだ少なくて
僕と同じ様な現象になっている人ならやる価値は
あります

まぁこれも結局は考え方的には
SEO対策なので僕はあまり好きじゃないんですけどね^^;

一つ言える事は
もし新しくサイトを作る場合はやっぱり
ちゃんとした設計から取り掛からないとダメだな(笑)

という事です^^;

では 今日はこの辺で かずま でした

SEO対策と集客に悩む

コメントは受け付けていません。

手紙を受け取る

サブコンテンツ

自己紹介

月収100万円
を越えました。

これからも頑張ります。

かずま かずま

君、我が社に来ないか?

そんな社長自らのスカウトで
一時は会社のエリートになるも
「こんな会社辞めます」
の一言であっさり会社を捨て
ネットビジネス一本で生きる

異端の元社会不適合者


あらゆる常識も全部無視
だって僕もあなたも
人生一度キリじゃない^^b

僕の詳しいプロフィールと経歴は
こちらを見てね


初心者でも今日から始められる
アフィリエイト無料
メルマガ講座は⇒こちらから

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

2ティアさん募集中

詳細はこちらからどうぞ
共に歩み、共に進化する! かずまの2ティアさん募集中^^ 感謝を形に数々のプレゼントを 進呈させてもらってます。
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトはイメージ

イメージングアフィリエイト

最強の思考方法とは何か?
アフィリエイトでは思考停止が最もNGな訳とは?

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば
イメージせよ
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトをやっていて良かったシリーズ

憎いあいつに仕返し?
アフィリエイトをやっていて良かったシリーズpart1
憎いあいつに仕返し?(笑)
⇒詳細はこちらから

パンダの引越し屋
アフィリエイトをやっていて良かったシリーズpart2
辞めて良かったブラック企業
⇒詳細はこちらから

WORDPRESSを設置しよう

wordpressを設置しよう
アフィリエイトをやるなら断然独自ドメインの個人サイト!
あなたもさっそくWORDPRESSを設置してみましょう
⇒詳細はこちらから

あなたにオススメの記事

社会や会社という終わりの無い世界の恐怖
社会の恐怖

人間は弱い生き物です
何かに依存していないと生きられません

⇒詳細はこちらから


待った無しサラリーマンを続ける10の危険性
サラリーマン危険

終身雇用時代は終わったと言えます。
自分で稼ぐ力をつけないと乗り越えられない 時代になりました

⇒詳細はこちらから

僕は働きません!キリッ
アフィリエイト成功して自由になろう

アフィリエイトで稼いで自由になると どうなるのか?企業に雇われていては絶対に 出来ない成功があります

⇒詳細はこちらから

カズマズヒストリー
社会人失格の負け組男が人生を逆転させた物語
社会から脱落し生きる意味を見失った男が 絶望という名の運命を自ら破った物語
⇒詳細はこちらから

アーカイブ

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

タグ

ツールの使い方を勘違いしていない?

コメント周りツール

便利なコメント周りツール使うだけで危険度MAX
あなたのそのコメント

逆効果かも知れませんよ?

⇒詳細はこちらから

5%だ・・・君はこの数字をどう見る?

アフィリエイト行動

95%の人は月に5000円も稼げていないという事実
あなたは果たして5%に入れるの?入れないのか?
5%に入るために必要な事とは何か?
⇒詳細はこちらから

【閲覧注意】精神攻撃が飛んでくるので読まないでください

【閲覧注意】 僕がサポートしていた読者からの残念な手紙 楽しい気分の人は読まないでください
ドMな人だけどうぞ
⇒詳細はこちらから

【閲覧注意】見てはいけないスタッフルーム

【閲覧注意】 ここは見てはいけないスタッフのお部屋です 特に心臓の弱い方や持病のある人は 見ないようにお願いします
⇒詳細はこちらから

このページの先頭へ