コピーライティング正しく使ってる?半分必要半分不必要の考え

この記事は 48秒で読めます。

ネットで稼ぐアフィリエイトで稼ぐ脱サラ成功への道 コピーライティングはアフィリエイトで稼ぐ為には必須なのか?
ネットビジネスをしていると必ずと言っていいほど耳にしますよね
コピーライティングの必要性を分かりやすく説明します



こんにちは かずま です


最近ではめっきり時間も空いてきて
つかの間の自由を楽しんでいます
先日はご褒美に長野に行ってきました(笑)
またかよと生徒には突っ込まれましたが(笑)


山が好きなんですよ^^;
どうしようもなく何かセンチメンタルになると
景色のいい所が恋しくなってしまう(笑)

ネットで稼ぐ人生を逆転させるアフィリエイト成功への道

月収100万円到達したといっても全然余裕なんて
無いわけでやる事は死ぬほどあるんですよね
まぁ別にそんな根詰めて作業して働く必要も無いんですけど


何というかサラリーマン時代の名残というやつでしょうか?
まだまだしなくちゃいけないという事が頭に引っかかっているので
継続して月収100万円稼いでいてもそんなに
余裕という訳ではないですね


ですから思ったよりは旅行には行ってないですし
あまり派手に浪費するという事もありません
むしろ節約に対して過敏になっている部分もありますね(笑)


これだけあればツールや教材が買えてレビューの一つが・・・とか
これだけ時間が空いたら考えていたあの企画を煮詰めようとか・・


完全に自由になれるのはもう少し先になりそうですね^^;


さて今回は読者さんから来た質問を取り上げて僕の解答と
したいと思います


アフィリエイトにコピーライティングは絶対に必要ですか?という質問



必ず必要か?と言われれば必要と言わざるをえません

ただ僕の場合だとケースバイケースで
そんなに使っていなかったりもします
普段の記事なんかほとんど使っていませんね(笑)


たまに意識して使う時というのは
いやらしい話ですが商品のレビューの時です^^;





ただ、コピーライティングを学ぶ意義というのは
その原則原理を理解しておくという所です
その知識があると無いとでは大事な場面で
書く記事の文章に色濃く現れますよ


そもそも
コピーライティングというのは一言で言い表すと


人の心を動かす文章


と言えます



記事を書いているけど読者からの反応が何となく薄い



とか



そもそも適切な記事の書き方が分からない



とか



どんなにレビュー記事を書いても商品が売れない!



とか


悩んでいるならまずは学んで見るという姿勢で
取り組んだ方がいいですね



どんなアフィリエイトをしているにしても
結局インターネットを通して人に何かを伝える
人に何らかのアクションを起こしてもらう


こういう事が必要なのですから


読んでいる人に何も伝わらない、アクションを起こしてもらえない


アフィリエイターとしては死活問題な訳です^^;



コピーライティングは普段どこで使われている?



ただ、僕の企画に参加している生徒さんや会員さんに
伝えている事ですが


コピーライティングというのはとても強力です



基本的に僕としては道徳心に
のっとって使ってもらいたい物です



変な話、その人にとって必要の無い商品ですら
コピーライティングの力で売りつける事も
出来たりします


それは人間の行動心理学とか
多くの心理テストなどの統計で立証されている
見る人間が反応せざるを得ないような
文章の技術だからです



今では多くのインフォプレナーやアフィリエイターが
当たり前の様に使っているテクニックでもありますね^^;



まぁその技術にもその人のスキルに応じてレベル差は
ありますが・・・・



例えばこういう様な1枚物のセールスページを
見た事があると思います

フォローマティックXY

これは僕がお勧めしているあるtwitterのツールの
セールスページなのですが


赤枠で囲まれたヘッダーの位置にあるような部分には
大抵の場合、コピーライティングの技術が施されています



販売者としては当然、商品が売れていって欲しい訳ですから
まずはセールスページを読んで貰わないと
ならない訳ですよね?


読まれなかったらその時点で販売終了
となってしまいますからね^^;



もちろんその後もセールページ内ではふんだんに
コピーライティングの技術が使われている事が
ほとんどです


なぁんにも知らないで読み進めていると
コピーライティングの技術は
人間の本能や習性を利用した心理技術になりますから


読み終わった頃にはすっかりその商品が
欲しくてたまらない様な状態になったりします^^;



きたねぇっ!!



と思うかどうかはあなた次第ですが(笑)



変な話、この世界はこういうセールスの為の
コピーライティングやキャッチコピー、
心理学的な販売戦略というのがいたる所で使われている訳です



CMを見て欲しくなったけど
いざ購入してみたら自分が思っていた商品とは
違っていて後悔した・・・・


そんな経験が誰でも一つや二つあるはずです^^;


ピザ屋さんが


うちのピザは本場イタリアから取り寄せた
モッツアレラチーズをふんだんに使って作ったピザです


お口の中にトロ~リと解けふんわりチーズの香りが
口いっぱいに広がります


生地はチーズの風味を活かす為に
サックサクなクリスピーの状態に焼き上げています


具材にもジューシーなミートや
産地採れたての
フレッシュな国産野菜が盛りだくさん♪

きっと本場イタリアの味と
まぶたを閉じれば風景が広がるでしょう


今すぐあなたもその美味しさを確認してください




こんな宣伝文句でお店の宣伝をしていても
それは罪でも何でもありませんよね(笑)


こんなお店の宣伝文句の一つにも
変な話コピーライティングが使われていたりする訳です


食ってみてまずかったら文句を言うかどうかは
あなた次第です(笑)


何故コピーライティングがアフィリエイトでは大事なのか?




そもそも人はインターネットの情報を見ていません(笑)



ざっとファーストインプレッション、
初見で目に入ってくる画像や文字を見て
そのページの内容をちゃんと読むかどうか判断しています


3秒ルールじゃないですが
読むか読まないか?その判断を3秒以内にしていると
言われています



あなたも何か調べたい事があった時
読むか読まないかパッと見て判断していませんか?



その上で欲しい情報が無さそうだった場合
ページをさっさか閉じて次のサイトを探していると思います



こういう読者の行動を
サイトの製作者やセールスページの製作者達は
何とか自分のページを読んでもらおうと
日々頭を悩ませている訳です(笑)



これは3Nと言われている物で


NOT read

NOT believe

NOT action



読者の3つの壁と呼ばれています



読まない・信じない・行動しない


です


サイトや記事を見てもらう


読んで納得してもらう



商品を購入してもらう



これらの反応を得るために必要な技術だからです
コピーライティングを知っていると知らないでは
当然差がつきます


アフィリエイターなら知っておかないと
ならない技術であるのは理解出来ると
思います


コピーライティングを知らないと物を売る事は出来ない



アフィリエイターなら商品を紹介して購入してもらう

これが僕らのビジネスなのですから
物が売れる原則原理は理解しておかないと
ならないですよね?


どうしても商品が購入されるのか?


どうしたら商品は売れて行くのか?


その理由を知らないでアフィリエイトをするというのは
自転車屋さんを開いてるけど
自転車に乗れないというぐらい致命的です^^;


まさか


いい商品だったら自然と購入されるだろう・・・


と思っていませんか?

こんな甘い考えではいつまでたっても
満足行く結果にはならないでしょう^^;



また、コピーライティングを知っていると知らないでは
この情報業界の見方も全く違って来ます


ライバルは当然知っていて
そのテクニックをふんだんに使って
サイトや記事を書いていたりするのに


あなたがもし知らないという事でしたら
それらの情報に踊らされ続ける事になります


セールスレターを見てもどうして
そうなっているのか
そういう理屈が分からないという事になります



その結果いらない商材を購入してみたり
同じ商品を売っていても
満足行く結果が出ない
ライバルにどんどん差をつけられる



こんな事が起こりうるわけです^^;



ただ、僕が先程伝えた様に
僕は普段コピーライティングを使っていません


それはコピーライティングを学んで見れば
分かりますが



商品をとにかく売りたい!


って思いがあまりにも強すぎて
そのためにコピーライティングを多用しすぎると


気持ち悪い記事になりやすいです(笑)


レビュー記事やセールスレターなどを見て


なぁんかこいつの記事・・・胡散臭いなぁ・・・


と思う様な記事を見かけたら
多分それはそういう事です^^;


コピーライティングにお勧めの教材



使う使わないは人によって分かれると思いますが
コピーライティングはアフィリエイターなら
知っておかないとマズイでしょう



その理由は上で説明した事もそうですし
自分のサイトや記事でどうしても必要になる場面も
出てくるはずです



先程のピザ屋さんが


ピザ作ってます
1枚750円 
住所:○○市○○町△△△-□□□番地



これではろくに売れていかない訳ですからね^^;


まして読んでももらえないとなると
アフィリエイト自体出来ないのと一緒です



そういう意味で知っておかないと
ならない当然のテクニックと言える訳です



あなたももしコピーライティングをまだ
学べる様な教材が無いという事でしたら
是非学んで自身のアフィリエイト活動に
役立ててください^^


◇コピーライティングにお勧めの教材◇


現代広告の心理技術101

詳細ページはこちら


TheMillionWriting

詳細ページはこちら


後、これは純粋な意味でのコピーライティングとは
少し違うのですが
コピーライティングの系統の教材としては
合わせて購入するとよりアフィリエイトの
活動が正しく実践出来るでしょう^^


こちらもかな~りお勧めです


ウェブ・セールスコピーの法則

詳細ページはこちら


ではでは 今日はこの辺で かずま でした




コメントは受け付けていません。

手紙を受け取る

サブコンテンツ

自己紹介

月収100万円
を越えました。

これからも頑張ります。

かずま かずま

君、我が社に来ないか?

そんな社長自らのスカウトで
一時は会社のエリートになるも
「こんな会社辞めます」
の一言であっさり会社を捨て
ネットビジネス一本で生きる

異端の元社会不適合者


あらゆる常識も全部無視
だって僕もあなたも
人生一度キリじゃない^^b

僕の詳しいプロフィールと経歴は
こちらを見てね


初心者でも今日から始められる
アフィリエイト無料
メルマガ講座は⇒こちらから

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

2ティアさん募集中

詳細はこちらからどうぞ
共に歩み、共に進化する! かずまの2ティアさん募集中^^ 感謝を形に数々のプレゼントを 進呈させてもらってます。
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトはイメージ

イメージングアフィリエイト

最強の思考方法とは何か?
アフィリエイトでは思考停止が最もNGな訳とは?

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば
イメージせよ
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトをやっていて良かったシリーズ

憎いあいつに仕返し?
アフィリエイトをやっていて良かったシリーズpart1
憎いあいつに仕返し?(笑)
⇒詳細はこちらから

パンダの引越し屋
アフィリエイトをやっていて良かったシリーズpart2
辞めて良かったブラック企業
⇒詳細はこちらから

WORDPRESSを設置しよう

wordpressを設置しよう
アフィリエイトをやるなら断然独自ドメインの個人サイト!
あなたもさっそくWORDPRESSを設置してみましょう
⇒詳細はこちらから

あなたにオススメの記事

社会や会社という終わりの無い世界の恐怖
社会の恐怖

人間は弱い生き物です
何かに依存していないと生きられません

⇒詳細はこちらから


待った無しサラリーマンを続ける10の危険性
サラリーマン危険

終身雇用時代は終わったと言えます。
自分で稼ぐ力をつけないと乗り越えられない 時代になりました

⇒詳細はこちらから

僕は働きません!キリッ
アフィリエイト成功して自由になろう

アフィリエイトで稼いで自由になると どうなるのか?企業に雇われていては絶対に 出来ない成功があります

⇒詳細はこちらから

カズマズヒストリー
社会人失格の負け組男が人生を逆転させた物語
社会から脱落し生きる意味を見失った男が 絶望という名の運命を自ら破った物語
⇒詳細はこちらから

アーカイブ

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

タグ

ツールの使い方を勘違いしていない?

コメント周りツール

便利なコメント周りツール使うだけで危険度MAX
あなたのそのコメント

逆効果かも知れませんよ?

⇒詳細はこちらから

5%だ・・・君はこの数字をどう見る?

アフィリエイト行動

95%の人は月に5000円も稼げていないという事実
あなたは果たして5%に入れるの?入れないのか?
5%に入るために必要な事とは何か?
⇒詳細はこちらから

【閲覧注意】精神攻撃が飛んでくるので読まないでください

【閲覧注意】 僕がサポートしていた読者からの残念な手紙 楽しい気分の人は読まないでください
ドMな人だけどうぞ
⇒詳細はこちらから

【閲覧注意】見てはいけないスタッフルーム

【閲覧注意】 ここは見てはいけないスタッフのお部屋です 特に心臓の弱い方や持病のある人は 見ないようにお願いします
⇒詳細はこちらから

このページの先頭へ