ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)について

この記事は 055秒で読めます。


アフィリエイト初心者用講座第2回

ASPとは何か?






どうも  かずま です。




前の記事でアフィリエイトとは何かを説明させてもらいました。



その中でもアフィリエイトをする人をアフィリエイター


商品を宣伝してもらいたい企業をクライアントと呼びます。


そしてその企業とアフィリエイターの仲介役が



ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)です。



つまりアフィリエイターと企業間とのお金のやり取りを管理する

中間業者という事です。





このASPにはいろんな企業が登録しています。



取り扱う商品も多岐に渡り
グルメ、美容用品、本、食料、CD、DVD、旅行、一般家電から金融商品
保険から結婚情報から不動産、車、バイクまで
およそ無い商品は無い程です。




皆さんがよく知るAmazon楽天
などもASPの一つです^^



次の講座でご説明しますがアフィリエイトの手法には色々あります。




どのアフィリエイトをやるかによっても
登録が必要になってくるASPも変わってきます。


それは報酬率の違いであったり、取り扱う商品の差ですね^^



主なASP会社


下は大手ASP会社です。

a8.net.jpg
A8.net(エーハチネット)

言わずと知れた日本最大手のASP。

取り扱い案件が豊富でセルフバックの案件など人気が高い。



アマゾン.jpg
アマゾンアソシエイト

ネットショップ最大手アマゾンのASP。

アマゾンの豊富な商品が紹介可能だが、審査が厳しい。



楽天.jpg
楽天アフィリエイト

こちらも日本最大手のネットショップとして有名な楽天。
専用銀行などアフィリエイトをするのに有利な機能が豊富。





インフォトップ

アフィリエイター御用達のASP。

物販ではなく情報商材に特化したASP。




まだまだ沢山ASPはありますが
とりあえず知識としてとどめておいて頂ければ結構です^^


ここでは初心者さんがあまり混乱しないよう
なるべく短くわかりやすく説明させてもらってます。

またASPには後ほど触れるとして
次回はアフィリエイトの手法の種類について説明しますね。^^



では今日はこの辺で


次の記事⇒アフィリエイトで成功させる為にアフィリエイトの種類を知ろう



コメントは受け付けていません。

手紙を受け取る

このページの先頭へ